MENU

東京シティ・バレエ団 presents スペシャルワークショップ

自分をみつめる。お互いをみつめる。
あなたはもっと、成長できる。
国内外で活躍する教師によるスペシャルワークショップ。

今回のスペシャルワークショップでは、定評のあるクラシッククラスに加え、開催初年度から好評をいただいてきたコンテンポラリークラスを再び開講いたします。

国内外で活躍し、高い芸術性・技術力・指導力を併せ持った教師陣によるレッスンは、技術の習得はもちろん、新たな自分を発見できるはずです。今回から導入されたポワントクラスでは、基礎はもちろん、実践的なポワントワークを学びます。
このワークショップで成長できた!と感じられる瞬間を一緒に過ごしましょう。ご参加をお待ちしております。

受講お申し込みフォーム印刷用画面

開催概要

開催日

2019年8月17日(土)~21日(水)

対象年齢

小学3年生~

会場

東京シティ・バレエ団スタジオ(都営新宿線「大島」駅徒歩15分)
〒136-0073 東京都江東区北砂4丁目40−17 2F
TEL:03-5638-2720

大きい地図を見る

主催

公益財団法人 東京シティ・バレエ団

タイムテーブル・受講料

  8月17日 (土) 8月18日 (日) 8月19日 (月) 8月20日 (火) 8月21日 (水)
10:00-   クラス (4)クラシック
小学3~6年生
志賀 育恵
クラス (9)クラシック
小学4~6年生
志賀 育恵
クラス (14)クラシック
中学生以上
堀内 充
クラス (19)クラシック
中学生以上
勝見 祐子
10:30-  
11:00-  
11:30-     クラス (9+)ポワントクラス    
12:00-   クラス (5)コンテンポラリー
小学生
真島 恵理
  クラス (15)クラシック
中学生以上
堀内 充
クラス (20)クラシック
小学4~6年生
勝見 祐子
12:30-   クラス (10)コンテンポラリー
小学生
ポール・
ジュリウス
13:00-  
13:30-       クラス (20+)ポワントクラス
14:00-   クラス (6)コンテンポラリー
中学生以上
真島 恵理
  クラス (16)クラシック
小学4~6年生
勝見 祐子
 
14:30- クラス (1)クラシック
小学3~6年生
西山 裕子
クラス (11)コンテンポラリー
中学生以上
ポール・
ジュリウス
 
15:00-  
15:30-      
16:00-   クラス (7)クラシック
中学生以上
クリス・リー・
ライト
  クラス (17)クラシック
中学生以上
勝見 祐子
 
16:30- クラス (2)クラシック
中学生以上
西山 裕子
クラス (12)クラシック
中学生以上
高岸 直樹
 
17:00-  
17:30-   クラス (17+)ポワントクラス  
18:00- クラス (2+)ポワントクラス クラス (8)クラシック
小学4~6年生
クリス・リー・
ライト
     
18:30-   クラス (13)クラシック
中学生以上
高岸 直樹
クラス (18)クラシック
中学生以上
安達 悦子
 
19:00- クラス (3)クラシック
中学生以上
木村 規予香
 
19:30-    
20:00-        

※講師・内容は変更となる場合がございます。
※ポワントクラスを受講する場合は、前のクラシッククラスも合せてお申し込みください。

受講料

クラシッククラス:3,500円(税込)/ ポワントクラス:1,000円(税込)
コンテンポラリークラス:3,500円(税込)
※ポワントクラス単体ではお受けいただけません。

受講料のお支払い

お申し込みより1週間以内にお支払いください。
受付完了のお知らせが届くまでお振り込みを証明する資料は必ずお手元にて保管をお願いいたします。
ご入金確認後、2週間以内にお申し込みいただいた方法で受付完了のご連絡をいたします。
開催中止の場合を除き、受講料の返金はいたしません。

<銀行振込>
お振り込みの際は必ず受講者名義にてお振り込みいただき、振込手数料はご負担ください。
お振り込み先:三菱UFJ銀行 錦糸町支店(082) 普通 口座番号 0046746
口座名義:ザイダンホウジントウキョウシティバレエダン

<現金でのお支払い>
お申し込み用紙と共に現金書留にてご郵送ください。
郵送先:〒135-0004 東京都江東区森下1-6-14 レックス森下303号室
東京シティ・バレエ団スペシャルワークショップ係 宛

お申し込み

申込期間:2019年4月10日(水)正午より受付開始(各クラス定員になり次第締め切り)

<インターネットでのお申し込み>
受講お申し込みフォームよりお申し込みください。
受講料入金確認後、2週間以内に受付完了をお知らせするメールをお送りいたします。

受講お申し込みフォーム

講師プロフィール

クラシッククラス(対象年齢:小学3年生以上)

コンテンポラリークラス(対象年齢:小学4年生以上)

※50音順。講師・内容は変更となる場合がございます。

その他・よくあるご質問

よくあるご質問

<クラスについて>

Q. 各クラスの定員は何人位ですか?
A. 35名程度です。
Q. 該当する年齢のクラス以外の受講は可能ですか?
A. 対象年齢以外の方にはご受講いただけません。
Q. 公共交通機関の遅延や運休による欠席で、受講料は返金されますか?
A. クラスが開講された場合、払い戻しはできません。お時間に余裕をもってお越しください。

<受講料について>

Q. コンペティションとワークショップの支払いをまとめて支払う事はできますか?
A. お手数ですが、参加者毎にコンペティション参加料はゆうちょ銀行へ、ワークショップ受講料は三菱東京UFJ銀行へ別々にお振込みください。
Q. 振込人名義が本人以外の名前になってしまいました。
A. スペシャルワークショップ事務局までお知らせください。

<お申し込みについて>

Q. 申込みをしたクラスの変更・キャンセルはできますか?
A. ご入金後のキャンセル・返金・クラス変更はできません。同じ受講料のクラスへの変更も、ご入金後はお受けできませんので、お申込みの際はご注意ください。
Q. 受付完了後に受講したいクラスが増えました。どうすればいいですか?
A. お手数ですが、再度初めからお申し込みください。
Q. 受付完了通知が来ないのですが。
A. ご入金後2週間たっても通知が来ない場合は通信エラー等が考えられます。お手数ですがスペシャルワークショップ事務局までお知らせください。

お問い合わせ

東京シティ・バレエ団 スペシャルワークショップ事務局
TEL:03-5638-2720(平日10:00~18:00)

WEBからのお問い合わせ

安達 悦子 Etsuko Adachi

東京シティ・バレエ団芸術監督 / 理事長

松山バレエ団にて、松山 樹子、森下 洋子、清水 哲太郎に師事、ソリスト・プリマとして踊る。1979年第1回アメリカジャクソン国際コンクール銅メダル受賞。同年、文化庁芸術家在外研修員として2年間モナコに留学し、マリカ・ベゾブラゾヴァの指導を受ける。1986年東京シティ・バレエ団入団。プリマとして迎えられ、「白鳥の湖」「ジゼル」「コッペリア」「エスメラルダ」「真夏の夜の夢」などに主演する傍ら、オペラの振付けなども手がける。2008年文化庁研修員としてベルリン国立バレエ団に派遣され、ベルリンを拠点にヨーロッパ各地で研鑽を積む。2009年4月より、東京シティ・バレエ団理事長および芸術監督に就任。同年より、NHK放送「ローザンヌ・バレエコンクール」の解説者のほか、「TANZOLYMP」(ベルリン)や「Korea International Ballet Competition」(韓国)など国内外のバレエコンクールの審査員も務め、献身的なバレエ教育を行っている。主な受賞歴に、音楽新聞新人賞、第30回橘秋子賞(2004年)など。

勝見 祐子 Yuko Katsumi

シリコンバレーバレエアカデミー教師

松山バレエ団、タンパ・バレエ団で活躍後、コロラドバレエ団にてプリンシパルとして「ジゼル」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ドン・キホーテ」「ラ・バヤデール」等古典作品ほか、アシュトン、バランシン作品に主演する。同団退団後、バークレー・バレエ劇場、サンフランシスコシティ・バレエ学校などで指導を行う。2011年よりサンフランシスコバレエ学校の教師となる。現在、シリコンバレーバレエアカデミー教師。

木村 規予香 Kiyoko Kimura

元ライプツィヒ・バレエ団プリンシパル

マリカ・ベゾブラゾヴァに師事し、モンテカルロ王立バレエ学校に留学。ローザンヌ国際バレエコンクールにてプロフェッショナル賞受賞をきっかけに、フランクフルトバレエ団に入団。その後、シュツットガルト・バレエ団に入団しソリスト契約を結ぶ。在団中、クランコ、ベジャール、ノイマイヤー、エック、キリアンなど著名な振付家の作品を数多く踊る。冬季長野オリンピックの開会式イベントでプリンシパルとして踊る。ライプツィッヒ・バレエ団へ移籍した後、プリンシパル契約を結ぶ。現在は、日本に拠点を移し「k2バレエ空間」を主宰。

クリス・リー・ライト Chris Lee Wright

元イングリッシュナショナルバレエ学校教師

スウェーデン・ゴセンバーグバレエ団入団後、英国スコティッシュバレエ団、イングリッシュナショナルバレエ団、ロンドンシティーバレエ団、ノルウェー国立バレエ団等様々なカンパニーとの契約を経て、ポルトガル国立バレエ団にソリストとして入団。欧米各国のバレエ団でゲストプリンシパルとして多くの主演を務める。その後各地で培った教授法を生かし、上海市舞踏学校から初の外国人ゲストバレエ教師として招かれ、その他世界各地のバレエ学校で次世代の育成に成果を上げる。09年から英国イングリッシュナショナルバレエ学校にて一年生男子を指導。各国のバレエスタジオにてゲスト講師を務める。

西山 裕子 Yuko Nishiyama

元新国立劇場バレエ団ファーストソリスト / 東京シティ・バレエ団ゲスト教師

広島県出身。8歳よりクラシックバレエを小池恵子に師事。東京シティ・バレエ団附属研究所等にて学ぶ。1991年 ロシア国立ペルミ・バレエ学校に留学、リュドミラ・サーハロワに師事。95年 全国舞踊コンクール・バレエ第一部第1位受賞。こうべ全国洋舞コンクールの女性シニアの部第1位受賞。99年 村松賞受賞。97年 新国立劇場開場当初より新国立劇場バレエ団契約ソリストとなり、こけら落とし公演「くるみ割り人形」では主役に抜擢される。以降すべての公演に出演。「白鳥の湖」「ジゼル」「ラ・シルフィード」「シンデレラ」などの主役をはじめ、数々の重要な役を踊る。2011年退団 現役引退。現在、バレエ教師として、東京シティ・バレエ団、日本バレエ協会関東支部事業、dancerslifesupport、チャコットカルチャー事業、新国立劇場オペラ研修所などの他、各地に招聘され活動。自身のワークショップなども開催している。GYROKINESIS® 認定トレーナー、jccaコアキッズ体操普及員、ACBシラバス(レベル4まで)認定講師。

志賀 育恵 Ikue Shiga

東京シティ・バレエ団ファーストアーティスト

8歳よりコヌマバレエアートにてバレエを始め、1989年田中 千賀子バレエ団に入団。「ドン・キホーテ」キューピット、「くるみ割り人形」クララを踊る。第3回中部日本全国舞踊コンクールジュニア部門第1位。第53回東京新聞主催全国舞踊コンクールジュニア部門第2位。1998年東京シティ・バレエ団に入団。2001年「シンデレラ」にて初主演以降、「コッペリア」「白鳥の湖」「ジゼル」「くるみ割り人形」「真夏の夜の夢」「ロミオとジュリエット」「ベートーヴェン交響曲第7番」に主演。2005年日本バレエフェスティバル出演。2006年「カルメン」に主演し、第38回舞踊批評家協会新人賞受賞。平成19年度文化庁新進芸術家海外留学制度研修員として、オーストラリア・バレエにて研修する。2011年「Ballet Helps Japan」(ベルリン)、2012年「World Ballet Stars Gala in Kazakhstan」に出演。

高岸 直樹 Naoki Takagishi

元東京バレエ団プリンシパル / 東京シティ・バレエ団ゲスト教師

1986年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。87年、ベジャールの『ザ・カブキ』にて、弱冠21歳で由良之助に抜擢され一躍話題となり、東京バレエ団のあらゆるレパートリーで主役を演じる。ミラノ・スカラ座、パリ・オペラ座、ベルリン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場など海外でも活躍。ジョルジュ・ドンの代わりに踊った『ボレロ』ではカーテンコールが25分という大成功を収めた。1991年にはシルヴィ・ギエムの相手役として『白鳥の湖』を踊り、オーストラリア・バレエ団に3ヵ月間客演。その他ベルリンにて『マラーホフ&フレンズ』、『オーストラリア・バレエ団50周年記念ガラ』、『月に寄せる七つの俳句』のハンブルク・バレエ初演、フィレンツェ歌劇場での東日本大震災復興支援公演など客演多数。2015年、東京バレエ団を退団し「高岸直樹ダンスアトリエ」を設立。京都府宇治市出身。

堀内 充 Jyu Horiuchi

大阪芸術大学舞踊コース教授 / 新国立劇場研修事業委員

1981年モスクワ国際バレエコンクール銅賞。83年ローザンヌ国際バレエコンクール、ローザンヌ賞を受賞、スクール・オブ・アメリカン・バレエに留学。帰国後、自らが結成したFootlights Dancers・堀内充バレエプロジェクトの公演を行っている。青山劇場バレエフェスティバル、新国立劇場バレエ団、日本バレエ協会、東京シティ・バレエ団、東京バレエグループ、佐多達枝バレエ公演、橋本陽子エコールドゥバレエ、名倉ジャズダンススタジオ公演などに出演。振付家としても作品の多数発表し、アメリカ・フランス・南米・韓国・中国に招かれている。また大阪芸術大学舞踊コース教授、新国立劇場研修事業委員を務めている。2013年舞踊批評家協会賞受賞。

真島 恵理 Eri Majima

真島恵理ダンス・エマージ主宰

ノースカロライナ・スクールオブ・アーツ、 バレエ科を経て、ニューヨークにてアメリカン・バレエセンター、アルビン・エイリー・アメリカン・ダンスセンター、又ニューヨーク在住舞踊家、三条万里子に学ぶ傍ら、ソロ活動を開始。帰国後、真島恵理バレエスタジオ/ダンスエマージを設立。1996年にバニョレ国際振付賞ジャパンプラットフォームにノミネート。アトランティック・アートセンターにアソシエート・アーティストとして招聘され、日米アーティストと共同制作。2002年に東京都歴史文化財団から助成をうけ、天王洲アイルにて「みぎは3 Water’s Edge」を公演。2007年と2008年に東京シティ・バレエ団に作品「孤独のかたち」を振付。2001年から東京とサンフランシスコにて他ジャンルのアーティストと共に、身体性を重視したコーラボレーティブなものから即興的な作品までを発表。真島恵理バレエスタジオ主宰、江東区洋舞連盟代表、舞踊作家協会会員、江東区「くるみ」の会会員。

ポール

ポール・ジュリウス Paul Julius

振付家

ドイツオールデンブルグ国立劇場、メクレンブルグシュヴェリン国立劇場で活躍後、振付家として、さまざまな作品を発表。ニューヨークシティバレエや、カナダナショナルバレエ、シュトットガルトバレエなど、世界的に有名なカンパニーの振付も手がけている。又、ジゼル全幕をネオクラッシク版新演出で発表するなど、ソロの作品から全幕まで幅広く活躍している。エネルギッシュかつ美しく、情熱的なレッスン指導も素晴らしい。

ページトップへ戻る